お葬式と告別式の流れ

葬儀とは個人をあの世に送る儀式であって、遺族や近親者が営む形式で行います。
告別式とは友人や知人が故人とお別れをする場として儀式を行います。
葬儀や告別式の例として、来場者が一同に着席を行って、僧侶が入場します。
葬儀に関する開会の辞を行った後に、僧侶が読経を行います。
そして、弔辞や弔電の披露を行った後に、遺族や弔問客の焼香を行います。
弔問客の焼香を行っている最中でも、僧侶が読経を行っている場合が多いのです。
焼香が終わって、僧侶が退場した後は閉会の辞を行います。
その後に告別式の開会の辞を行って、告別式としての弔問客の焼香を行った後に僧侶が退場して、お別れの儀式を行います。
そして、葬儀や告別式の全体としての司会者による閉会の辞を行います。
葬儀や告別式のシステムとして、葬儀が終わった後に僧侶が一度退場して、告別式で再び入場する場合と葬儀と告別式をまとめて行う場合の形式で行います。
焼香の仕方に関しては、最初に僧侶が行います。
その後に喪主が焼香を行って、遺族や親族が行った後に弔問客が行って、僧侶が退場をしたら最後の対面を行って火葬場に移動します。
火葬場から戻ったら、遺骨を迎える儀式として僧侶が読経して、近親者が焼香を行います。
その後に近親者を中心として、会食を行います。
基本的に喪主や遺族は、お世話になった人に対してお礼を言って回るのがマナーであって、僧侶が参加しない場合は、1万円程度の御膳料を渡します。